女性ホルモンを増やすために良い飲み物

女性ホルモンを増やす飲み物

40代~50代の女性に見られる頭痛や肩こり・疲れやすいといった更年期の症状は、女性ホルモンのひとつ・エストロゲンの減少によっておこると言われています。

しかし近年、30代女性でも月経不順やのぼせといった、更年期のような不調を訴えるケースが増えていることをご存知でしょうか。

これらは「プチ更年期」と呼ばれ、ストレスや疲労などが原因で卵巣機能が衰え、更年期と同じようにエストロゲンの分泌が減少することでおこります。

このように女性ホルモンの減少による体調不良は、年齢を問わずすべての女性におこる可能性があります。しかし女性ホルモンは、毎日の生活習慣の改善や疲労・ストレスの解消など、ちょっとした心がけで増やすことができます。

女性ホルモンを増やすために

更年期・プチ更年期の症状改善には、エストロゲンの分泌を増やすことが大切です。そのため規則正しい生活やバランスの良い食事、できるだけストレスをためない生活を心がけましょう。

そしてエストロゲンの分泌を良くし、女性ホルモンを増やす栄養を摂ることも効果的。毎日少しずつ摂ることで、症状改善が期待できます。そんな女性ホルモンを増やす成分が含まれる飲み物をご紹介します。

大豆イソフラボンで女性ホルモンを増やす

大豆製品に含まれる大豆イソフラボンには、エストロゲンと似た働きをする効果があると言われています。

大豆イソフラボンには女性ホルモンを増やす他にも、骨粗しょう症の予防や血中コレステロール値を下げる効果など、エストロゲンサポートの他にも健康効果が期待できます。

大豆イソフラボンを含む飲み物

豆乳も大豆製品ですので、大豆イソフラボンを含んでいます。市販されている豆乳は大きく3種類に分かれていて、一般的には無調整豆乳・調整豆乳・豆乳飲料の順に多く大豆イソフラボンが含まれていると言われています。

ただし、豆乳飲料の中には大豆イソフラボンを豊富に含む飲料に特化したものがありますので、成分票をよく確認してみてくださいね。

他にはきなこを使った飲み物にも大豆イソフラボンが含まれています。

ビタミンEでホルモンバランスを整える

ビタミンEは卵巣や脳下垂体に働きかけ、エストロゲンの分泌を促します。さらにビタミンEはもうひとつの女性ホルモン・プロゲステロンの材料となりますので、女性ホルモンのバランスを整える効果があると言われています。

他にもビタミンEは、血行促進や抗酸化作用も期待できるので、冷えの解消・肩こりといった更年期の症状改善やアンチエイジングにも効果が期待できます。

ビタミンEを含む飲み物

牛乳・豆乳に替わって、近年人気のアーモンドミルクにはビタミンEが豊富。他にも抹茶や煎茶に多く含まれています。

しかし、脂溶性であるビタミンEはお湯の中に溶けだしにくいため、急須で淹れた煎茶を飲むのではなく、細かく挽いて粉にした煎茶を飲むことをおすすめします。

ビタミンB6で巡るエストロゲン

ビタミンB6はエストロゲンの生成・代謝に働きかけ、神経伝達物質の合成にもかかわっていますので、ホルモンバランスを整えてくれる効果があります。

他にも脂質の代謝に関わっているので、生活習慣病予防やダイエットにもおすすめです。

ビタミンB6を含む飲み物

ビタミンB6は米麹甘酒・酒粕甘酒、どちらにも多く含まれています。他には大豆イソフラボンを含む豆乳やきなこ、ビタミンEを含むごまや抹茶の含まれていますので、これらを飲むことで同時に大豆イソフラボン・ビタミンEを効率よく摂取することができます。

毎日の飲み物を工夫して女性ホルモンを増やそう

女性ホルモンを増やす成分は、このように私たちの周りの食材にも多く含まれています。こういった成分に気を付け、毎日の飲み物に工夫をすることで、女性ホルモンが再び豊かに分泌される可能性があります。そればかりかお肌の調子も良くなり、気分も明るく前向きになってきます。

女性の心と身体は、私たちが思っている以上にデリケート。特に季節の変わり目や環境の変化などは不調を感じやすく、心も沈みがちです。

少しずつ身体の変化を感じ始めてきた40代・50代の女性やストレスを抱えるアラサー世代の女性に、いつまでも輝いてもらいたい。お仕事や家事の合間に、ぜひお試しくださいね。