女性ホルモンを整えるにはどうすればいいの?

女性ホルモンを整えるにはどうすればいいの?

40~50代は、女性のライフスタイルの中でも変化が大きく、不調があらわれやすい時期だと言われています。その原因のひとつが「女性ホルモンの乱れ」です。

女性ホルモンが乱れることで脳の視床下部・脳下垂体にも影響を及ぼし、自律神経が正常に働きにくくなります。

その結果、疲れやすさや頭痛・肩こり、耳鳴り・のぼせ・食欲不振、月経不順や鬱といった、心と身体の両面に様々な症状を現します。

では、一体何が原因で女性ホルモンが乱れるのでしょうか。

女性ホルモンが乱れる原因

女性ホルモンの乱れは、年齢を重ねるごとに卵巣機能が低下し、女性ホルモンの分泌に関わるエストロゲンの分泌が減少することでおこります。

他にも高いストレス状態や過度なダイエットといった本人の置かれている生活環境、個人の性格や気質にも影響を受け、原因と症状には個人差があります。

そんな不調の原因となる女性ホルモンを整えるには、どうしたらよいのでしょうか?

食事を見直して女性ホルモンを整える

女性ホルモンに効果的といわれる食材はいくつかありますが、まずはバランスの良い食生活を心がけることが大切です。また、女性ホルモンに効果を発揮する食材ばかりを摂っていては栄養バランスが偏り、再び不調を訴える原因にもなりかねません。

脂質・塩分の摂りすぎやビタミン・ミネラル不足に気を付け、バランスの取れた食生活を心がけたうえで、女性ホルモンを整える効果のある食材を取り入れましょう。

大豆製品でエストロゲンを補う

豆腐・納豆・油揚げ・きなこなどの大豆製品には、エストロゲンと似た働きをする成分・大豆イソフラボンが含まれています。

大豆イソフラボンには美肌作りをサポートする働きや骨粗しょう症の予防など、エストロゲンサポートの他にも女性に嬉しい効果が期待できます。

さらに大豆製品には、女性ホルモンを生成し卵巣細胞を形成する、タンパク質も豊富に含まれているということも重要な要素です。

ビタミン補給でエストロゲンサポート

青魚にはエストロゲンの代謝を助けるビタミンB6が含まれています。ビタミンB6は他にも、野菜ではにんにく・さつまいも・バナナ、肉類では豚肉に多く含まれています。

また、かぼちゃやアボカド・ナッツ類に含まれるビタミンEもエストロゲンの働きをサポートしてくれるので、積極的に摂りましょう。

良質なオイルで女性ホルモン生成サポート

近年スーパーフードとして流行したココナッツオイルには、女性ホルモンの生成に必要なラウリン酸が含まれています。

またオリーブオイルには、先述したビタミンEが豊富に含まれているのでおすすめです。

生活習慣を改善して女性ホルモンを整える

40~50代の女性は日々の生活や仕事に忙しく、規則正しい生活を送ることは難しいかもしれません。しかし毎日自分の身体を意識することでその意識は習慣になり、少しずつ生活習慣を改善することができます。

睡眠の質を上げて疲労とストレス撃退

女性ホルモンの分泌には、毎日の疲労をためないことが大切。睡眠の質を上げ良質な睡眠を心がけることで、疲労回復に役立てることができます。

そのために、就寝前はできるだけリラックスした状態にしておくこと。就寝2時間前には食事を済ませ、ぬるめのお風呂にゆっくり浸かり、就寝前にはテレビやパソコン・スマホを切って過ごすことで、身体がリラックスし眠り始めの状態に近づきやすくなります。
リラックス効果の高いハーブティーもおすすめです。

適度な運動

日中の適度な運動も、睡眠の質を上げることに役立ちます。適度な運動で身体をほぐすことで血流も良くなり、女性ホルモンの乱れによる肩こりや頭痛の解消にも効果的。

しかし激しい運動で疲れをためてしまっては本末転倒です。普段運動をされない方には軽いストレッチやヨガなど、ゆっくりした運動がおすすめです。

楽しいときめきに飛び込む

女性ホルモンを整えるために、ストレスは大敵です。時間を忘れるほど趣味に没頭したり楽しい予定に胸を躍らせることは、心に元気を与え、ストレスに打ち勝つ力を秘めています。ときめきはなによりも女性を輝かせてくれる特効薬といえるでしょう。

女性ホルモンを整えるために

なんとなく気分がどんより、ちょっと動いただけでぐったり・・・そんなすぐにでも乗り越えたい不調は、女性ホルモンを整えるためのちょっとした心がけで改善できます。

一朝一夕ですぐに改善できることではありませんが、ゆっくりと時間をかけて女性ホルモンを整えていくことで、笑顔に満ちたあなたに出会うことができます。今より少しだけ楽に生き、本来の心と身体を取り戻しましょう。